052.もし先生がジンギスカン屋だったら?

個人で大きくしないで流行らせるなら、
飲食店は絶対に窓口を広げないこと、座席の数を20~30にしないことです。
いつも行くお店は入れても14人で、15人以降は並びます。
座席数は15席くらいで良いと思います。
僕がやるなら10席くらいでやります。

お店を小さく始めるというだけです。
小さいお店を満員にしていくという回転を毎日やりましょう。
お客さんが並ぶので評判になります。

焼肉屋などの焼き系は外に流れている煙が重要だと思います。
シズルを売っていくのもとても大事です。

既に大きいお店を持っている人は、
客席を少なくしてお店を広々と使い満員に見せましょう。

感想や質問もお寄せください。
ポッドキャスト:http://shoubainin.com/podcast/

051.儲かったからよく寝られる?よく寝るから儲かる?

儲かっていない時は、寝る時間を削って一生懸命働きましょう。
3年間頑張ってどうしても売上が伸びなかったら、寝ましょう。

今は良く寝るように努めていますが、昔はお金がなく、夜にバイトをしていたので寝られませんでした。
昔は、夜遅くまで仕事していたほうがたくさん働いているという満足感があって、セルフイメージがあがりました。
長時間集中してやっているのなら力がつきますが、だらだらやるんだったら早く寝る方がいいです。

結論としては、3年間は寝ずに働いてください。
売上が上がらなかったら、睡眠時間を延ばしましょう。

感想や質問もお寄せください。
ポッドキャスト:http://shoubainin.com/podcast/

050.稼ぐ行動ができない/細谷先生に勝ちたい

「メールチェックと勉強ばかりしていて、稼ぐ行動がなかなかできません。」
稼ぐために勉強するわけで、それも必要な時間だとは思いますが…。
両方やめて行動する時間を作ってみたらどうですか。
全部実践するのは時間が足りませんので、1個だけでいいのでやってみましょう。

「細谷先生に勝ちたいです。」
勝とうと思ったら同じようにストーリーを描かないといけません。
僕の商品を全部買ってください(笑)。
僕も同級生に勝ちたいと思ったことがあり、その時は彼とだいたい同じようなことやって、プラス自分にできることをやりましたが、途中から勝つことはどうでもよくなってきました。
自分が一生懸命やっていると相手は関係なくなります。

偉人たちが自分と同じ歳に何をやっていたかを見て、だったら自分もできるよね、と思っています。

感想や質問もお寄せください。
ポッドキャスト:http://shoubainin.com/podcast/

049.ネットだと商品が売れません、助けてください…

対面や電話だと表情や声の雰囲気が見えますが、メールだと見えませんし、読んでいるかすらも分かりません。
メールはしゃべる4倍ぐらいの量がないといけなく、莫大な力が必要です。
細部にわたってアプローチしていかないといけません。

メールマガジンやブログは確かに売れますが、なめてると売れない市場です。
こんなもんで良いだろうと思って送ったものはお客さんは見ません。
電話や会話や対面はパーソナルな付き合いができますが、メールは全員の中のひとりで、自分のことだと思っていません。

案内文の露出の方法など、細部にわたって質を高めていくことが必要です。

感想や質問もお寄せください。
ポッドキャスト:http://shoubainin.com/podcast/

048.【シンガポール講演会】「成功する8つのコツと壁」より5~8

前回に引き続き、2018/5/18のシンガポールでの講演会の時にお話しした
「成功する8つのコツと壁」より5~8をお届けします。

(5)好きな場所でお願いごとをする
自分たちのパワースポットで目標をお願いして、どんどん読み込んで自分の体に刷り込んでいきましょう。
だんだん面倒くさくなりますが、非常に早く願い事が叶います。

(6)人の名前を覚える
覚えてくれていると嬉しいですよね。自己重要感を高めてくれる先生でありたいと思っています。
ただし、間違えると気まずくなります。

(7)1週間に1冊、本を読む
僕は一番読んだときは1週間に30冊くらい読みました。
時間割の中に本を読む時間を入れましょう。

(8)メンターを持つ
気持ちを支えてくれる師匠を持ちましょう。旦那さんでいいと思います。
自主練習では強くなりませんし、自己管理はできません。

感想や質問もお寄せください。
ポッドキャスト:http://shoubainin.com/podcast/

047.【シンガポール講演会】「成功する8つのコツと壁」より1~4

2018/5/18にシンガポールで講演会を行い、女性の方を中心に約40名の方にお越しいただきました。
その時にお話しした「成功する8つのコツと壁」より1~4をお届けします。

(1)目標設定をする
何年何月何日までに、とちゃんと時間のデッドラインを決めて目標設定をしましょう。
目標が大きすぎるのはダメです。

(2)目標設定を毎日書く
潜在意識が一番働く朝一番か寝る前に、3回~10回、ノートに書きましょう。
なりますように、というような願望の形ではなく、~である、のように書きましょう。

(3)時間割を作る
1日のルーティンの時間割を60分区切りで作りましょう。
気分のいい時ではなく、気分がイーブンの時に時間割を組みましょう。

(4)よく寝てよく働く
眠くなるまで働きましょう。
そもそも好きなことじゃないと眠くなるまで働くことができないので、天職を見つけてください。

感想や質問もお寄せください。
ポッドキャスト:http://shoubainin.com/podcast/

046.昔の自分にどんな言葉をかける?

「頑張っていれば必ず望みは叶うから。負けるな。」
そう言いたいです。

めちゃくちゃきつい時でした。
借金もたくさんあって、サラ金も闇金もマックス。
でもやっぱり、諦めるな、と言います。

たぶん昔の僕に「広告はこうすればいい」なんてアドバイスしても分からないと思うし、頑張れと言っても響かないと思います。
当時はいっぱい本を読むことが頑張ることだと思ってきた時で、インプット魔でした。
今の僕は「間違ってもいいからアウトプットしなさい、1つ広告でも作ってやれよ」と言うと思います。

その時に分からなくても、後で分かるのが本当のアドバイスだと思います。

感想や質問もお寄せください。
ポッドキャスト:http://shoubainin.com/podcast/

045.大切にしている習慣は?

「早寝」「早起き」「クロスフィット」
これをしていると、すごく調子がいいです。
精神的に安定するし、家族ともちゃんと付き合えます。
まずは早く寝る習慣を試してみたら良いと思います。

あと、新しい本を1週間に1冊読んで脳に刺激を与えてください。
音楽も昔の曲を聴くのではなく、新しい曲を聴いて脳に刺激を与えましょう。
新しい刺激が入ることによって、既存のリソースと混ざり合い、新しいアウトプットができます。

習慣にするのはクロスフィットじゃなくてもいいです。
家族と1週間に1回必ず時間をとって遊びに行くなど、自分たちが生活している身近な人と過ごしたり語り合ったりというのは大事です。

自分で決めたことをやっていくと、決めたことができるんだ、とセルフイメージが上がっていきます。
決めたことができる人は成功しています。

感想や質問もお寄せください。
ポッドキャスト:http://shoubainin.com/podcast/

044.次のステージとは?

「コワワクワク」がまさに次のステージになると思います。
売上が1億から10億になる時はクレームの嵐でしたが、その時に、また次のステージかよ、と思いました。

トラブルやお客さんの卒業は次のステージです。
お客さんが卒業した時は沈みますが、ゆっくり寝たり旅行したりして、次のステージに行きます。

お客さんがいなくなった時、それは今までのやり方では通じないよ、というサインですので、新しいやり方・新しい考え方をしましょう。
2,3か月後に思い返すと、そうして良かったと思いますよ。

引き返したら意味はありません。
人類に間違いはないので、どんどん「コワワクワク」を採用して次のステージに行きましょう。

今ある僕の「コワワクワク」は、本が10万部売れるのか、大富豪になれるのか、などです。
できるかできないかのギリギリが「コワワクワク」です。

感想や質問もお寄せください。
ポッドキャスト:http://shoubainin.com/podcast/

043.未来予想図の作り方

大きな紙にとりあえず箇条書きで欲しい物を書き出します。
多ければ多いほど良いですし、デッドライン(例:2010年3月31日まで)もあると良いです。
プロセス主義になってしまうので、プロセスは書かずに結果だけ書きます。

「絶対やる」という決断だと、力みすぎて手に入らないことがあります。
「できたらいいな」と思っていれば、どこかで絶対やるというスイッチが入ります。
書き続けたり言い続けたりすると非常に良いです。

僕は目標を書き始めたのが21歳で、スイッチが入ったのが26歳でした。
普通は遅くて諦めますが、ぼくは諦めませんでした。
諦めずにやり続けると、スイッチが入ってきます。

明確な理由があればあるほど逃げられなくなり、諦めずに済みます。
自分だけにとどめておかないで、人に言うということがとても大事です。

目標は5W(いつ、どこで、誰が、何を、なぜ)で作りましょう。

感想や質問もお寄せください。
ポッドキャスト:http://shoubainin.com/podcast/